2021年09月28日

新型コロナウイルス感染症対応の最前線で戦う保健所職員の皆様へ ジュン アシダが寄付支援

芦田多恵が目黒区保健所を表敬訪問

左から 大石修 目黒区保健所参事清古愛弓 全国保健所長会副会長、芦田多恵、山東英樹(株式会社ジュン アシダ代表取締役社長)

 

まずは新型コロナウイルス感染症に罹患された方をはじめ、感染拡大により影響を受けられたすべての皆様に謹んでお見舞い申し上げます。また、感染拡大防止にご尽力されている皆様に深く感謝申し上げます。

 

 株式会社ジュン アシダは、新型コロナウイルス感染拡大防止のために最前線で戦う方々を支援するため、売上の10%が寄付されるマスク “MASK by jun ashida”を製作、販売してまいりました。

 

デザイン性がありながら抗ウイルスフィルターを内蔵した高機能・高品質なこのマスクは、コロナ禍におけるニーズを受けて生まれたものです。

 

このたび、2020年6月の販売開始からの売上による寄付金を製作経費の一部に充て、芦田多恵デザインによるオリジナルハンカチを製作、日々過酷な現場で奮闘する保健所職員の皆様に心から敬意を表し、寄付させていただく運びとなりました。

 

そのため928日、芦田は目黒区保健所を表敬訪問し、清古愛弓 全国保健所長会副会長に現物を贈呈してまいりました。

ハンカチは白とブルーの2種類。いずれも抗ウイルス素材を使用し、幸せを運ぶ青い鳥「ルリビタキ」のモチーフと“with GRATITUDE(感謝をこめて)の文字を繊細な刺繍で表現しています。

 

マスクをご購入いただいた皆様に代わりまして、感謝の気持ちをお伝え出来ましたら幸いに存じます。

 

なお、ハンカチは順次、各保健所へ約8,000枚寄付する予定となっております。

 ジュン アシダ オリジナル ハンカチ

 

目黒保健所職員の皆様と